野生動物調査機器 自動撮影カメラ 不法投棄監視カメラ 林業機器・コンパス 測量・アクセサリー 気象・土壌機器 ソフトウェア GPSロガー・3Gトラッカー アウトレット 特価商品 全商品から探す

お電話でのお問い合わせ

よくあるご質問 メールでお問い合わせ メールでご注文 FAXでご注文


自動撮影カメラTipsとよくある質問
WEB版自動撮影カメラカタログはこちらから!

当社カタログがWebからもご覧いただけます。



関連サイトリンク
不法投棄監視カメラ Target Scout(ターゲットスカウト)専用サイト
3g/GPSトラッカーサイト
GISupply
Haglof.jp


GIShop技術情報トピックス GIShop公式Facebook GIShop公式Twitter GIShop公式チャンネル

 


 ▼ 自動撮影カメラTips

自動撮影カメラを使う上で、役に立つ豆知識やよくある質問をまとめました。
 
 
 ▼【自動撮影カメラについて】

センサーに反応した対象(動物、人、etc)を自動で撮影するカメラです。
環境調査から防犯目的の監視まで、様々な用途で活用できます。
乾電池で動作して、SDカードに記録するので、非常に扱いが簡単です。


 
 ▼【搭載センサーについて】


自動撮影カメラはPIR(Passive Infra Red)赤外線センサーを搭載 しています。
PIR 赤外線センサーは、熱(赤外線)を発生する物体 (動物など)がセンサーの感知エリア内
(図1:センサー反応範囲、反応距離)を 移動すると、センサーが温度変化を感知して撮影を行います。
動物や人だけでなく、 風に揺れる植物、車、冷暖房器具など にも反応することがあります。
センサーの感知エリア内でも 物体が全く動かない場合は感知しません。


 

注意! ガラス越しの撮影について
PIRセンサーの特性上、ガラス越しでは センサーが反応しません。
ガラス越しに撮影する場合は、
センサー撮影ではなくインターバル撮影を行って下さい。


 

 
 ▼【防水性について】


ほとんどのカメラは防水規格のテストを行っていません。 基本的には防水と呼べるほどの性能はありませんが、
野外で使用することを想定していますので、小雨程度の表面に露が付着しても問題ない程度の水耐性となっています。


 「カメラ用雨天ルーフ」使用例
 



※雨などが直接当たる場所には設置しないで下さい。
※水中で使用しないで下さい。
※屋外へ設置する場合には、雨が当たらない場所に設置するか、
ケース等に入れて防水対策を行って下さい。


防雨グッズとしては、「カメラ用雨天ルーフ」がお勧めです。

カメラ用雨天ルーフ


 

 
 ▼【電池について】


自動撮影カメラで使用する電池は主に3種類あります。

 

【1】アルカリ電池: 手に入り易さ、価格の安さNo.1のメジャーな電池

【2】ニッケル水素: 充電でき繰り返し使えるコストパフォーマンスに優れた電池

【3】リチウム電池: 各自動撮影カメラメーカーがこぞって推薦している電池。価格は高い

自動撮影カメラでの利用時の各電池の評価としては・・・
性能的には [ リチウム>アルカリ>ニッケル ] ですが、
コストパフォーマンス的には [ ニッケル>アルカリ>リチウム ] と なります。
長期間設置したい、できるだけ撮影枚数を稼ぎたい、 頻繁に電池交換しに行けないなどの時には
リチウム電池をお勧めします。



 

 
 ▼【設置について】


■マウントの利用
カメラには購入時にナイロン製の ストラップが付属しています。
ただ、ストラップで設置する場合、 カメラの設置角度を調整出来ないので、
微妙な設置角度の調整ができません。
そんな時は、「ダイレクトツリーマウント」 や  「カメラ用マグネット雲台」を利用すると
狙った場所を撮影しやすく便利です。

 


  設置例
  セキュリティボックス、パイソンロック、ダイレクトツリーマウント使用


 



■カメラのセキュリティ
野外にカメラを設置すると、持ち去りやイタズラ、クマに襲われたり!? なんてことがあるかもしれません。
そんなことが心配な場合は、セキュリティボックスパイソンロックをご使用ください。
セキュリティボックスでカメラの破損を防ぎ、パイソンロックでカメラの持ち去りを防止しましょう。
ただし、セキュリティボックスは衝撃などからのカメラプロテクターのため、 防水性はありませんので、
ご注意ください。防雨には雨天ルーフを併用してください。

 


  HC600設置例
HC500/HC600/HC550用セキュリティーボックスパイソンロック使用


 


 


■空振り(ムダ撮り)が多い
大量に画像が撮れていたので、喜んで画像を確認したのに 何も写っていない画像ばかりだった… なんてことが
起こることがあります。 それは、センサーが風で揺れる植物などに反応してしまって いる可能性が高いです。
そんな時は、カメラのセンサー感度を 下げてみましょう。若干でも空振りを改善できるかも。
設置場所を移動させたりするのも良いかもです。


 


 

■カメラのカモフラージュ
森の中にカメラを設置した時に、 カメラや雨天ルーフが目立ってしまう。 といった時には、「迷彩ブラインド」で
カモフラージュする と良いかも。雨天ルーフも目立ちづらくなります。


 

 
 ▼【これは故障ですか?】


■レンズ部にぶらぶらしている部品がある


これは、赤外線カットフィルターです。 カシャカシャ動くのは故障ではありません。
自動撮影カメラのレンズ部には赤外線カットフィルターが 組み込まれています。
フィルターは設置環境の明るさに 応じて稼働します。
周囲が明るい場合はレンズからフィルターが装着され、暗い場合はフィルターが外れます。



 

■動画の撮影時間が短くなる
電池残量が少ない可能性が高いです。
静止画の撮影と比べて動画は電池の消費量が多いです。
新品の電池に交換して、撮影してみてください。




 

■カメラの動作がおかしい
結露などの影響の可能性が高いです。 まずはカメラを乾燥させてみましょう。
乾燥させる時は、SDカード、電池は外して、電池ボックスなどを空けたままの状態で
数日間乾燥させてください。
これまでに、数多くのカメラが乾燥させることにより、復活を遂げています。




 


 


 



  その他ご不明な点は
   お手数ですが下記まで、お電話またはメールにてお問い合わせください。
 

 お電話でのお問い合わせは
 フリーダイヤル : 0800(600)4132 


 平日(月曜〜金曜まで):9:00〜17:30
 土日祝日、年末年始: 休み


 ※営業時間以外のお問い合わせは、【お問い合わせフォーム】からお願いいたします。  

ご利用案内
 
□ 送料について

送料は全国一律864円(税込)です。
10,800円以上のお買い上げで送料無料!
(税込) ※一部離島を除く 


□ 返品交換について
不都合等があった場合、良品交換または返品とさせていただきます。商品到着後、7日以内にご連絡ください。
【返品・交換の条件】
未開封・未使用に限ります。
【お客様都合の返品・キャンセルの場合】
送料はお客様負担にてお願い致します。
□ 納期について
在庫がある商品は通常、入金確認日より3営業日以内に発送いたします。
※在庫がない場合は別途メールにてお知らせいたします。
□ 個人情報に関して
お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。      

□ お支払いについて
お支払いは以下の方法がご選択いだけます。



 

※銀行振込、郵便振替は前払いです。振込手数料はご負担ください。
※代引き手数料は以下の通りです。 全て税込。



1万円未満 432円    
1万円以上3万円未満 540円
3万円以上10万円未満 1,080円
10万円以上30万円未満 1,404円
30万円以上50万円未満 3,024円
50万円以上100万円未満 4,104円
100万円以上         5,400円

□営業時間
平日(月曜〜金曜まで):9:00〜17:30
土日祝日:休み
□ 配送時間指定について
ご指定時間にお届けするよう、運送会社に指示いたします。佐川急便での発送の場合、20:00〜21:00は19:00〜21:00指定となる場合もありますのでご了承ください。
□お問い合わせ
〒071-1424
北海道上川郡東川町南町3丁目8番15号
株式会社GISupply
TEL:0166-73-3787 FAX:0166-73-3788
MAIL: info@gishop.jp